旅と旅行のちがいとは?

旅と旅行のちがいを考えたことをあるでしょうか?もちろん日常ではそんなことはまず考えないでしょう。 答えはひとそれぞれでしょうが「旅行」というのは楽しい観光地に友人や恋人と足を運び、心身をリラックスさせることであるとします。疲労とストレスを癒す。そんなところでしょう。 「旅」というのは自由であるがゆえに楽しさと並んで困難がどこかで待ち受けているのではないでしょうか?一人で困難を超えた先で得られるものは自分次第だと思いますが。 「旅」には自分で選択するということが前提にある気がします。目的も手段も自ら選ばなくてはいけない。 「旅行」とちがうのは観光という概念は必要ないということです。目的を定めなくても、道が無くて過酷でも、それでも進んでいくのが「旅」というものでしょう。

破天荒な旅もおすすめ

明日から三連休だ!なんて浮かれるのもいいですが、独身には残念ながら何も予定が無く、今回の休みも家で寝て過ごしてしまいそう! そんなふうにしたくなくても、なってしまうものです。 旅の仕方、種類なんて、決まったものなんてないのです。遠くに行かなくたって、泊りじゃなくたって。自分が旅だと言えば旅になる! 近所の釣り堀で魚釣り。電車に乗ってぶらり途中下車。レンタカーを借りて一人でドライブ。 さみしいなんて言わず、家から外に出てみましょう。最近は「おひとりさま」なんて言葉もあるくらいです。せっかくの休みなんだから退屈に過ごすのではなくて、何かに熱中してみましょう。いつもとちょっぴり違う連休を過ごして、新しい自分を見つけてみよう!